卒業したらどうなるの?先輩たちのお仕事内容

ゲームクリエイターの仕事内容とは?

一言でゲームクリエイターといっても、実は職種ごとに仕事内容が異なるのです。プロデューサーとして働く場合、ゲームの予算や制作メンバー、スケジュール管理などを行うため、実際にゲームを作ると言うよりかは基盤を作る仕事をします。ディレクターの場合は作業中の指示を出し多くの製作者をまとめます。プランナーは新たなゲームの考案を練り、グラフィックデザイナーはゲームに登場するキャラクターなどを描きます。プログラマーならゲーム内で必要な絵や音を構成し作っていき、シナリオライターはゲームが進むシナリオを考えます。サウンドクリエイターはボタンを押す音などの細かい効果音を付けていきます。多くの製作者によってゲームは出来上がり、自分がどの職種に在籍するかによって、仕事内容も異なるということですね。

ゲームクリエイターのやりがいは?

ゲームクリエイターは次々に新しいアイデアを考案し、楽しく面白いゲームを提供していくことが仕事です。毎日楽しく面白いアイデアを考案していくため、時に大変な時もありますが完成したゲームが素晴らしいものとなり、人気になると想像を絶する感動とやりがいを感じやみつきになるでしょう。ゲームを楽しんでいる子供や大人の声が聞けた時もやりがいを感じますよね。また、ゲームを作るためには1人では到底無理で多くの仲間と協力し、最高のゲームを作り上げていきます。時には意見がぶつかりあったりトラブルが起きることもあるでしょう。しかしゲームが完成した時や人気が出た時に、喜びを一緒に分かち合える最高の仲間が出来ます。お互いの信頼関係もとても強いものとなるでしょう。

漫画の学校ではデビューができるような共同カリキュラムがあって、夜間でも学べる夜間科もあるので、働きながら好きなことに没頭できます。